ページの先頭です]

本文まで進みます]


ここから本文です]

観光(sightseeing)

  1. ホーム
  2. 観光
  3. 谷川岳

谷川岳

谷川岳

谷川岳は標高1,977m、群馬県と新潟県の県境にそびえる三国山脈主峰の岩山。「トマノ耳」と「オキノ耳」と呼ばれる2つのピークを持つ双耳峰がとっても有名!名だたる豪雪地帯にあるため、遅くまで残雪があり豊かな沢を生み出しています。その気候の厳しさから標高1,500m付近が森林限界となるため、比較的低い標高でも高山植物が観察でき、魅力の1つになっています。

また、谷川岳の北側に刻まれた渓谷「一ノ倉沢」は、日本有数の大岩壁で、日本三大岩場の一つ。
目前に広がる圧倒的なスケールの岩壁は必見です!「一ノ倉沢」までの道はブナ林に囲まれた歩きやすい道。森林浴とトレッキングが楽しめます。歩くのが苦手な方や、小さいお子様連れの方は、「谷川岳ロープウェイ」で天神平駅へ。そこからリフトを使えばあっというまに天神峠駅!展望抜群!トマノ耳とオキノ耳が間近に見ることができます!

画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。

谷川岳ロープウェイ「フニテル」
笠ヶ岳と烏帽子
一ノ倉沢(春)
一ノ倉沢(秋)
天神峠からの雲海

▲ページトップへ


谷川岳をご自身のスケジュールに合わせて楽しむ!モデルコース

春・夏・秋と気軽に楽しめる谷川岳の散策は、ロープウェイを使って一気に山頂へいくことも、またご自身でゆっくり歩きながら「一ノ倉沢」までの道を歩くこともできます。ご自身のスケジュールに合わせてお楽しみください。

「一ノ倉沢」森林浴を楽しみながら歩く(片道約1時間)

一ノ倉沢」を森林浴を楽しみながら見に行くなら!(片道約1時間)

谷川岳ロープウェイ「土合駅口」から徒歩約30分(ブナ林が続きます)→マチガ沢出会から徒歩約30分→一ノ倉沢出合(大迫力の岸壁!)

【 散策に出かける前に! 】

お散歩ルートを「ルートラボ」でチェック!標高差もわかります

「谷川岳一ノ倉沢」「一ノ倉沢周辺トレッキングコース」のご案内マップはこちら(PDF 712KB)

ロープウェイを使って楽々山頂へ!(片道約20分)

ロープウェイを使って楽々山頂へ!(片道約20分)

谷川岳ロープウェイ「土合駅口」からロープウェイ10分(ロープウェイからの景色も最高!)→天神平駅からリフト7分→天神峠駅から徒歩1分→天神峠展望台(「オキの耳」「トマの耳」が目の前!)

ロープウェイ往復料金
大人:2,060円、小人:1,030円(※小人料金は小学生以下に適用)
詳しくはこちら 谷川岳ロープウェイ 料金

▲ページトップへ


天空のお花畑 高山植物の数々

ロープウェイを降りたところは、高山植物の楽園。季節ごとに装いを変える可憐な高山植物の数々。天空のお花畑へお散歩にでかけよう!
開花時期:(開花時期はあくまでも例年の予想です。年により前後します)

画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。

4月~8月の高山植物(ショウジョウバカマ)

ショウジョウバカマ(4月~8月)

5月の高山植物(カタクリ)

カタクリ(5月)

5月の高山植物(カタクリ)

カタクリ(5月)

5月~7月の高山植物(シラネアオイ)

シラネアオイ(5月~7月)

5月の高山植物(ミズバショウ)

ミズバショウ(5月)

6月~7月の高山植物(ヒメシャガ)

ヒメシャガ(6月~7月)

6月~8月の高山植物(ハクサンコザクラ)

ハクサンコザクラ(6月~8月)

6月~8月の高山植物(ニッコウキスゲ)

ニッコウキスゲ(6月~8月)

6月~8月の高山植物(ヤマイワカガミ)

ヤマイワカガミ(6月~8月)

7月~8月の高山植物(トリカブト)

トリカブト(7月~8月)

7月~8月の高山植物(クルマユリ)

クルマユリ(7月~8月)

7月~8月の高山植物(シモツケソウ)

シモツケソウ(7月~8月)

▲ページトップへ


谷川岳までのアクセス

ホテルの無料シャトルバスに路線バスを使えば接続がうまくいく!

無料シャトルバスを「水上駅」で途中下車。そこから路線バス「谷川岳ロープウェイ」行バスに御乗換えください。
※前日18:00までにご予約ください。
※運賃は税込表示となっております。

ホテルから谷川岳に行く場合・・・

ホテルシャトルバス
〔運賃:無料/50分〕
関越交通・路線バス
〔運賃;大人670円、小人340円/20分〕(税込)
ホテル発水上駅着水上駅発谷川岳ロープウェイ駅着
10:3511:2011:3511:55

谷川岳に行ってホテルに向かう場合・・・

関越交通・路線バス
〔運賃;大人670円、小人340円/23分〕(税込)
ホテルシャトルバス
〔運賃:無料/35分〕
谷川岳
滞在時間
谷川岳ロープウェイ駅発水上駅着水上駅発ホテル着
14:5515:1815:2516:152時間55分

谷川岳からご自宅にお帰りになる接続時間のご案内

関越交通・路線バス新幹線(東京行き)谷川岳
滞在時間
〔運賃;大人750円/23分〕
(税込)
〔運賃;大人620円/25分〕
(税込)
谷川岳
ロープウェイ駅発
水上駅着水上駅発上毛高原駅着列車名上毛高原駅発東京駅着
13:1513:3813:4014:05とき32214:2115:281時間10分
14:0514:2814:3014:55MAXとき32615:2116:282時間05分
14:5515:1815:2015:45MAXたにがわ41216:1317:282時間55分
15:5016:1316:1816:43MAXとき33417:2518:403時間55分
17:0317:2617:3117:56MAXとき33618:2519:405時間08分

※上記列車名及び時刻は「JR東日本」HPより平成29年3月ダイヤ改定及び「関越交通」時刻表に基づいています。

▲ページトップへ


お知らせ

冬の谷川岳について

毎年12月上旬~5月上旬まで、ロープウェイを降りたところが「谷川岳天神平スキー場」となります。
冬期間は観光リフトは運行しておりません。

点検による運休について

安全安心運行のための点検及び検査により、下記期間中、谷川岳ロープウェイ及び天神峠観光リフトの運転が休止となります。
運転休止期間:2017年11月末予定

詳しくはこちら:谷川岳ロープウェイ

マイカー規制について

国道291号線(「谷川岳登山指導センター」下⇔「一ノ倉沢」全長約3km)は年間を通して車輌は通行できません。
「歩行者や車輌同士の事故」を未然に防ぎ、排ガスによる自然環境の破壊防止のための通行規制です。また谷川岳の魅力を皆様により一層知って頂けるよう、楽しく歩いて散策頂くことを推奨しています。

※「電気バス運行について」
歩行が困難な方や、小さいお子様連れ専用で電気バスを運行しております。
運賃は無料ですがガイド料がかかります(ガイド料お一人様500円・中学生以下無料)。
健常者の方は乗ることができません。ご了承ください。
詳しくはこちら 「谷川岳一ノ倉沢通行規制のお知らせ」(PDF 548KB)

セット券がお得です!

『谷川岳ロープウェイ&路線バス 得々セット割引券』フロントにて販売中!

〔水上駅⇔谷川岳ロープウェイ駅&土合口駅⇔天神平駅〕
大人3,050円(通常3,560円)510円お得
小学生1,530円 (通常1,790円)260円お得

※通常:谷川岳ロープウェイ往復2,060円+水上駅→谷川岳750円+谷川岳→水上駅750円=3,560円
※未就学児は無料

※帰路で上毛高原駅迄行かれる場合は別途、水上駅⇒上毛高原駅迄の路線バス代「大人620円・小学生310円」が必要となります。

もっと楽しむ日本百名山 谷川岳 7月2日は「谷川岳の日」

谷川岳ウィーク

谷川岳の日(7月2日)

2011年3月に日本記念日協会から7月2日が「谷川岳の日」に認定されました。
2011年は近代登山が始まって90周年、上越線清水トンネルが完成し上越線全線開通から80周年のイベントが開催されました。それ以後、毎年夏には谷川岳周辺で様々なイベントが開催されています。

詳しくはこちら 谷川岳プロジェクト

もっと楽しむ日本百名山 谷川岳

山のマナーについて

山はマナーを守って楽しく安全に!

服装整え安全第一!
長袖・長ズボンが基本 お天気を要チェック!山の天気は変りやすいもの。晴れだから、と安心しないで雨具などのご用意も忘れずに!
トレッキングシューズがベストです 防寒着、日差しを避ける帽子はもちろん、出来るだけ長袖、長ズボンが基本。靴は、トレッキングシューズがベストです。
マナーを守って自然を大切に!
山に咲く草花は決してとってはいけません。 山に咲く草花はとても可憐で癒されますよね!でも、決してとってはいけません。
常に自然を大切にしましょう! 自然を破壊しないように、もちろんゴミは持ち帰る!常に自然を大切にしましょう!

ホテルから「谷川岳」までのアクセス&「一ノ倉沢」お散歩ルート

↑ ページの先頭へ

先頭へ戻ります]


ページの最後です]

先頭へ戻ります]